お寺で宇宙学
OTERA DE UCHUGAKU

第二回お寺で宇宙学@光明寺 宇宙人の知性とは?

お寺で宇宙学の第二回は、2010年10月1日に滋賀県は草津市の 真宗興正派 光明寺 にて開催しました。話題提供者には、情報学がご専門で 人工知能の研究をしておられる立命館大学の手塚太郎さんをお迎えしました。 (カメラを忘れてしまい、今回は写真無しです...)

「宇宙」の専門家ではない手塚さんに宇宙の話をして下さいよ〜と 無理なお願いをして出てきたお題目は「知能とは何か 〜 宇宙人の知性について考える」と 実に興味をそそられるもの。 人工知能には様々なタイプがあり、その中には人間の脳とは違っていても、 中には人間と全く違う仕組みを持つ宇宙人の知能と対応しているものが あるかもしれない、というお話でした。 遺伝アルゴリズムを使った知能の話で、生命の進化自体を 一つの知能(知的活動)と捉えるという話が印象的でした。

手塚さんのお話の後は、以前はアメリカなどでビジネスの世界でご活躍されていた という光明寺のご住職にもお話を頂き、そのまま車座になって座談会へ。 人工知能の話から、感情や信仰心といった脳の働きをどう捉えるかという話題で 盛り上がり、草津駅前すぐという光明寺の立地をいいことに、今回もJRの終電近くまで 話し込みました。

会場を提供して下さった光明寺さん、特に次期住職の津田正顕さんには、 事前の準備や、当日はお食事まで出して頂いて、本当にありがとうございました。

(報告:磯部洋明)

ご協力のお願い

会場を提供して下さる京都近辺のお寺を探しています。 可能であれば、仏教者のお立場から参加者にお話頂いたり、 議論に加わって下さる僧侶の方がいらっしゃるとなお嬉しいです。 もちろん会場提供だけでも構いません。 また、人数や開催日時、形態(飲食の可否など)は、会場を 提供して頂けるお寺の方針、ご都合に合わせてどのようにでも ご相談させて頂きます。興味を持って下さった方は、まずは 下記問い合わせまでメールでご連絡下さい。

お寺で宇宙学実行委員会

磯部洋明(京都大学宇宙総合学研究ユニット、実行委員代表)、 中島浩彰(僧侶、浄慶寺住職)、 池口龍法(僧侶、フリースタイルな僧侶たち代表)、 斎藤祥行(宇宙物理学の修士号を持つ僧侶)

問い合わせ先:磯部洋明 (otera@kwasan.kyoto-u.ac.jp)

これまでの記録

関連リンク