お寺で宇宙学
OTERA DE UCHUGAKU

第4回お寺で宇宙学「テラで考えるミクロとマクロ」@名古屋・想念時

お寺で宇宙学第4回は、2011年2月14日に名古屋市の 浄土宗西山禅林寺派・想念寺にて開催しました。 当日は予想外の大雪で新幹線も遅れ、高速道路も渋滞と、京都から参加の実行委員組も あやうく遅刻するところでしたが何とかセーフ。 名古屋市内の交通も混乱する中、それでも20名を超える参加者の方にお越し頂きました。
会場の様子はこんな感じ。

今回の話題提供科学者は 名古屋大学・太陽地球環境研究所の草野完也教授、お題は 「テラで考えるミクロとマクロ〜階層的宇宙は錯覚か?〜」でした。 筆者と近い研究(太陽、宇宙プラズマ)をされているご縁で今回お話を お願いしましたが、話題は極小から極大まで宇宙の様々なスケールの話から、 ガリレオの黒点発見に始まる科学と宗教の関わり(対決?)にまで及びました。 下の写真は黄金色に輝くご本尊の前で、宇宙の様々なプラズマの解説をする草野先生。

相手役のお坊さんには、実行委員の池口龍法氏が満を持して(?)登場。 フリースタイルな僧侶たち の紹介もしっかりと。

草野先生のお話に合わせ、仏教的宇宙観の解説も。参考文献として(?) 教えて!gooの質問と回答まで引っ張ってくるなど、こちらのお話もなかなかフリースタイル。

開催日はバレンタインデーということで、チロルチョコの包装紙に 草野先生の研究内容や太陽の画像を印刷した「宇宙チョコ」と、 僧侶(=池口氏)や大仏様(のかぶり物をした人)の写真を印刷した「仏チョコ」を 参加者の皆さんにお配りしました。写真はボケてしまってますが手前の箱がそう。

終了後、この日は名古屋駅前に場所を移して、居酒屋で終電が無くなるまで 科学と宗教について語り合いました。(文責:磯部)

第四回お寺で宇宙学 開催要領

日時:2011年2月14日 19:30〜21:30頃まで
会場:浄土宗西山禅林寺派 想念寺(愛知県名古屋市熱田区旗屋町509) ブログ
アクセス:名古屋市営地下鉄名城線「神宮西」駅下車 1番出口より徒歩2分 地図
話題提供科学者:草野完也(名古屋大学太陽地球環境研究所・教授)HP
題目:「テラで考えるミクロとマクロ〜階層的宇宙は錯覚か?〜」
ホスト僧:池口龍法(フリースタイルな僧侶たち代表)
参加費:1000円

主催:お寺で宇宙学実行委員会 共催:京都大学宇宙総合学研究ユニット名古屋大学太陽地球環境研究所

お寺で宇宙学実行委員会

磯部洋明(京都大学宇宙総合学研究ユニット、実行委員代表)、 中島浩彰(僧侶、浄慶寺住職)、 池口龍法(僧侶、フリースタイルな僧侶たち代表)、 斎藤祥行(宇宙物理学の修士号を持つ僧侶)

問い合わせ先:磯部洋明 (otera@kwasan.kyoto-u.ac.jp)

これまでの記録

関連リンク