京都大学宇宙総合学研究ユニット
KYOTO UNIVERSITY UNIT OF SYNERGETIC STUDIES FOR SPACE

宇宙倫理学研究会

お知らせ

(2018.02.23) 研究会メンバーの呉羽、伊勢田、磯部、大庭、近藤、杉本、玉澤が執筆した「将来の宇宙探査・開発・利用がもつ倫理的・法的・社会的含意に関する研究調査報告書」の正式版が公開されました。詳細

(2017.12.25) 日本惑星科学会誌『遊星人』第26巻第4号(2017/12/25発行)に研究会メンバーの呉羽が宇宙倫理学の解説記事を寄稿しています。『遊星人』のウェブサイト

(2017.06.14) 『現代思想2017年7月号 特集=宇宙のフロンティア』(2017/6/26発売)に研究会メンバー(磯部、稲葉、呉羽)が寄稿しています。
出版社ページ

(2016.12.12) 稲葉振一郎氏の新刊『宇宙倫理学入門』が刊行されます。
出版社ページ

(2016.05.27) 研究会メンバーが執筆した報告「宇宙倫理学の現状と展望」がJAXAリポジトリより閲覧できるようになりました。
JAXAリポジドリへのリンク

※ 研究会からのお知らせは、京都大学大学院文学研究科CAPE(応用哲学・倫理学教育研究センター)のウェブサイトでも発表しております。
京都大学大学院文学研究科CAPE(応用哲学・倫理学教育研究センター)のウェブサイト

設立の主旨


「宇宙倫理学」とは、人間と宇宙との関わりにおいて生じうる様々な道徳的問題を検討する分野で、応用倫理学の最先端と言えます。
 火星や小惑星への探査が進み、民間宇宙旅行の夢に現実味が出てきたのを目にして、わたしたちは宇宙空間が次第に身近なものになりつつあるという実感を覚えます。また、このままでは近い将来に破局をもたらす資源問題や人口問題に直面し、小惑星や彗星の衝突による絶滅の可能性を認識して、宇宙資源の開発や宇宙への移住すらも存続のための選択肢として真剣に考慮する必要に迫られているのかもしれません。こうして、21世紀に生きるわたしたちにとってその活動領域を宇宙へ拡大させることは、単なる夢ではなく一つの現実的な課題という意味をもっていると言えるでしょう。
 しかし人間の宇宙進出は、既存のシステムでは対応できないような倫理的/法的/社会的問題を生み出すことが予想されます。そこで、これらの問題に体系的な仕方で取り組み、「宇宙を活動領域とする生物としてわれわれがどう生きるべきか」を理解することを目指して、本研究会を設立しました。

活動の概要


 ビジネスや科学・技術、安全保障といった形での宇宙利用に関わる現実的な問題から、宇宙規模の環境問題、人間の身体・精神・社会の変容、地球外生命との遭遇といったSF的な問題まで幅広く扱います。
 具体的な活動予定としては、年に数回の例会を開催することを通して宇宙倫理学および隣接分野(宇宙政策など)のこれまでの議論状況を紹介しつつ、国内では初、世界でも有数となる宇宙倫理学論文集の刊行を目指しています。

参加メンバー

主催

本研究会の活動は科研費補助金研究・挑戦的萌芽研究「人類の宇宙進出に伴う宇宙倫理学確立のための基礎研究」(課題番号:16K13149, 研究代表者:神崎宣次)のサポートを受けています。

過去の企画

その他活動

資料集