京都大学宇宙総合学研究ユニット
KYOTO UNIVERSITY UNIT OF SYNERGETIC STUDIES FOR SPACE

「宇宙とアート」プロジェクト

京都大学と京都精華大学は、教育、研究及び社会貢献活動の一層の推進を図ることを 目的とした協定書を2008年に交わしました。京都精華大学は、芸術学部、デザイン学部、 マンガ学部、人文学部の4学部で構成され、「表現の総合大学」として幅広い表現領域で 先進的な取り組みを行っています。 京都大学のニュースリリース

宇宙ユニットではこの協定に基づき、京都精華大学が持つ教育研究資源を通じて、 宇宙科学の最新成果の発信と、宇宙科学とアートの融合による新しい文化の創造を 目指したプロジェクト「宇宙とアート」を立ち上げました。このプロジェクトでは (i)マンガ、アートなど表現者の協力による宇宙科学のアウトリーチ、 (ii)天体画像等、最新の科学成果を取り入れたアート作品の制作や商品の開発、 (iii)科学とアートの融合による新しい文化の創造と発信、の3つの側面から、様々な企画を進めています。

アイディア、参加者募集

「宇宙とアート」には京都大学、京都精華大学の教職員、学生に限らず、 他大学・民間企業、アーティスト、京都の伝統産業分野など、 幅広い範囲の方がそれぞれの興味に応じてゆるやかに参加しています。 興味を持って下さった方は、以下までご連絡下さい。 広い意味での「宇宙」に関する作品制作、商品開発、イベントなどの アイディアをお持ちの方の参加をお待ちしています。
連絡先:宇宙ユニット特定講師 磯部洋明 (Email: isobe_at_kwasan.kyoto-u.ac.jp)

進行中の企画

Science Codex制作

名古屋市にあるサイエンスカフェ・ガリレオ・ガリレイ (常設型サイエンスカフェ)店内で使用する、紙製のランチョンマット(Science Codex)を制作しています。 京都大学を中心とした大学院生が最新の科学に関する記事を分かりやすく執筆、 デザインとイラストを京都精華大学の学生が担当します。 2010年より、運営を京都大学の学生有志の団体Kyoto ⇄ Science Codexが引き継ぎました。 Kyoto ⇄ Science Codex

宇宙ユニット教員による京都精華大学基礎講義の担当

京都精華大学で学ぶ学生が宇宙科学の知識と考え方を身に付け、 それぞれの表現活動に生かすと共に、自然科学をマンガやアートなど 様々な媒体で表現することで科学の教育普及に貢献できる人材の育成すること を目指し、2010年度前期の京都精華大学の基礎講義 「自然科学論B〜宇宙科学と人文社会科学・芸術表現〜」を 宇宙ユニットの磯部洋明・特定講師が担当しています。

この講義では天文学から宇宙工学まで宇宙科学の幅広い内容を取り上げ、 その内容をマンガ、絵画、映像、商品デザイン、文章など、受講者が それぞれの専門分野で表現した作品を提出して、成績評価を行うという ユニークな試みに挑戦しています。
講義のホームページ

これまでの企画