menu

第1回宇宙ユニットシンポジウム

第1回宇宙ユニットシンポジウム

日時: 2008年11月15日(土)10:30~18:00頃まで
場所: 京都大学理学部6号館 大講義室(401号室)

プログラム

10:20 はじめに 
10:30 井上一(JAXA宇宙科学研究本部長)「大学と宇宙科学と宇宙開発利用 」
11:15 青木節子(慶応大学教授) 「日本の宇宙政策における宇宙基本法の位置づけ」
12:00 –昼食
13:20 柴田一成 (理・天文台) 「太陽活動と宇宙天気予報」
13:40 山川宏(生存研) 「宇宙機の軌道工学と新たな宇宙ミッションに向けて」
14:00 町田忍(理・地球) 「衛星観測による磁気圏研究の新成果 」
14:20 柴田裕実(工・原子核) 「ダスト加速器を用いた宇宙塵観測機器の開発」
14:40 –休憩
15:00 長滝重博(基礎研)  「高エネルギー宇宙物理学の近況」
15:20 斧高一(工・航空) 「宇宙工学とマイクロ・ナノ工学」
15:40 磯部洋明(宇宙ユニット) 「プラズマ実験室としての太陽」
16:00 橋本弘藏(生存研) 「宇宙太陽発電所」
16:20 –休憩
16:40 長田哲也(理・宇宙) 「宇宙物理学教室と新望遠鏡計画」
17:00 齊藤昭則(理・地球) 「国際宇宙ステーションJEM曝露部からの超高層大気観測」
17:20 大野照文(総合博物館) 「宇宙に知的生命は2度生まれるか?」
17:40 小山勝二(理・物理)「日本におけるX線天文学」+議論