menu

第15回宇宙ユニットシンポジウム 「人類は宇宙に移住できるかのか?―文理融合型宇宙教育の開発と実践」

京都大学宇宙総合学研究ユニット 第15回シンポジウム
人類は宇宙に移住できるかのか?―文理融合型宇宙教育の開発と実践

オンライン開催(一部対面開催の可能性あり)
参加無料・事前申込が必要です(12月に申し込みページを開設します)

2.6 土 13:00~17:00
・シンポジウム講演会

2.14 日 9:00~17:30
・シンポジウム+パネルディスカッション
・JAXA宇宙飛行士講演(予定)
・ポスター展示交流会「宇宙研究の広場2022」

◎登壇者(予定)
高井 研(海洋研究開発機構)
吉川 真、稲富 裕光(宇宙航空研究開発機構)
関根 康人(東京工業大学 地球生命研究所)
永崎 将利 (Space BD)
大野 琢也(鹿島建設)
寺田 昌弘、田島 知之(京都大学 宇宙総合学研究ユニット)
山敷 庸亮(京都大学 総合生存学館)
伊勢田 哲治、児玉 聡(京都大学 文学研究科)

当シンポジウムは文部科学省宇宙航空科学技術推進委託費「有人宇宙活動のための総合科学研究教育プログラムの開発と実践」および「倫理学を基盤とした宇宙教育プログラムの開発と実践」による支援を受けて開催されます。
主催◎京都大学宇宙総合学研究ユニット
共催◎京都大学大学院理学研究科附属天文台、京都大学SIC有人宇宙学研究センター
後援◎京都府教育委員会、京都市教育委員会、宇宙航空研究開発機構