menu

第16回「宇宙開発時代をどう生きぬくか——大学の役割を問い直す」

第16回宇宙ユニットシンポジウム
「宇宙開発時代をどう生きぬくか——大学の役割を問い直す」

 アルテミス1号の打ち上げが視野に入り、有人月探査「アルテミス」計画がいよいよ本格的に始まろうとしています。一方で民間による宇宙開発も加速しており、宇宙がかつてないほど私たちに身近になってきています。その一方で、現実的な課題もみえてきました。そこで、宇宙技術開発や、宇宙開発に伴う諸問題の検討に従事する人材の育成が急務の課題となっています。大学の果たすべき役割は大きいといえます。
 京都大学宇宙総合学研究ユニット(宇宙ユニット)は、理学、工学、人文学、社会科学などの 幅広い領域にわたる総合的な宇宙研究の開拓を目指して発足し、JAXA/ISASや他大学と連携しつつ、人類の生存圏としての宇宙に関わる諸問題の研究、および宇宙開発利用や有人宇宙活動を担う人材育成のための教育を行っています。宇宙ユニットシンポジウムは、現在進行している宇宙開発の新たな局面について、学際的な研究・教育の視点から議論を発展させ、市民と研究教育者の対話を通じて交流を深め、宇宙関連分野を活性化することを目的とするものです。今年度のシンポジウムでは初日に特別講演と、広く出展者を募るポスターセッション、2日目に3つのテーマセッションとパネルディスカッションを実施する予定です。

(2022.10.03)ウェブサイトを開設、最新情報は随時更新します。    English                                        

開催概要

日時:2023年2月11–12日
場所:国際科学イノベーション棟5階+ホワイエ(京都大学吉田キャンパス)(予定)
主催:京都大学宇宙総合学研究ユニット
内容:ポスターセッション,講演セッション,パネルディスカッションなど
(詳細は本ページにて随時公開) 

プログラム

特別講演:はやぶさ2が切り拓いた宇宙探査の新時代      講師:津田雄一氏(JAXA)
  小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星サンプルリターンミッションの2号機であり、日本においても世界においても2例目となる惑星間往復航行を成し遂げました。本講演では、はやぶさ2の科学的意義、工学的な挑戦を振り返るとともに、リュウグウに関する最新の科学成果について紹介します。

1.宇宙科学技術開発の現場
 本セッションでは、宇宙科学技術開発に携わる専門家の方々に実際の開発現場について講演していただきます。開発や研究に関わる内容だけでなく、宇宙科学技術開発だからこその困難や面白さ、日々の生活スタイル、キャリアパスなどについてもざっくばらんに論じていただく予定です。

2.有人宇宙開発における人への対応
 本セッションでは、宇宙環境に滞在する宇宙飛行士や宇宙旅行者に生じる影響について、専門家を招き講演していただきます。地上と異なる宇宙という特殊な環境で、人の身体にどの様な影響が生じ、どの様に対策していく必要があるのかを議論できればと思います。

3.宇宙開発をめぐる法と政治と倫理
 本セッションでは、宇宙開発をめぐる国際的な法と政治の状況について、それぞれの専門家に講演していただきます。現在、アルテミス計画や民間企業による宇宙開発が盛んに進行する中、国際社会は新たな法的・政治的な課題に直面しつつあります。その現状と将来のあるべき展開について、倫理的問題にも目を向けつつ考えます。

パネルディスカッション:宇宙開発と人材育成
 宇宙開発においては、JAXAと大学や企業、および大学間の連携がキーワードとなります。本セッションでは、上記3セッションの話題をふまえて、JAXA研究者も交えて、これからの人材育成のあり方、大学に期待される役割等について、参加者のご意見も交えて議論します。

主催・共催・後援

主催 京都大学宇宙総合学研究ユニット
共催 京都大学大学院理学研究科附属天文台, 京都大学大学院総合生存学館SIC有人宇宙学研究センター
後援 京都府教育委員会, 京都市教育委員会, 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

宇宙ユニットシンポジウム実行委員会

お問い合わせ